こんにちは神(じん)です。

コロナ禍で飲食関係の方々は大打撃ですね!
その影響で解体やリフォームなどの業種は凄く忙しい模様…風が吹けば桶屋が儲かる(👈古い;;;)的な現象で、どんな時も世の中と経済は回っているのだなー、と実感しています。

さて、そんな中、最近の自己分析や年運を調べに来る経営者さんの傾向にある一つの法則が有ることに気づいたので参考になれば、とシェアさせて頂きますね。

それは、①この2年で10年周期の運気が変わる、とか変わっていた方②この2年が空亡と呼ばれる生まれ持ったバイオリズムの枠が外れる時で、それを抜けると10年周期が変わる、とか言った方が多く折しも10年が転換期で年運も転換期で月運も3月が転換期で、と3つが重なる!というシンクロ具合が多い、という…。

これが「どういうことか?」というのは長くなるので割愛しますが(知りたい方には直接お話ししますねー)実は「この3月」ってバースデーサイエンスには、とても重要な時期なんです。

自然界のバイオリズムを見ても分かりますが冬が終わり春に移行する、この時期は正に新しい時代を築くのに重要な時ですね?

時代とまで大がかりではなくても①必要のない今までのことを終わらせたり②新しいことを始める土台を作ったり③拡大させるための準備をしたり④新しいフェーズに入る行動に移るときなのです。

結論から言いますと、その時最も重要なことは「やるべきこと=やりたいこと」かどうか…。

イコールでない場合はGOしない方が好いです。

何故かと言うと、ご存じの通り「ずれ」が有るので思考も安定しないし、そんな時はスムーズに行かないのでイライラが増し余計に亀裂が大きくなるからです。

タイプ別診断では「動きながら考え修正し改善し道を作っていく方が好いタイプ」も居ます。

ですが、この時ばかりは見切り発車すると後が大変です。

特に、この先10年のバイオリズムが切り替わったばかりの人は気を付けないといけません。

実は私は、この10年の切り替わりの最後の年「やりたいこと=やるべきこと」を無視して、兎に角、収入を上げようと北仕事を、どんどん引き受け、これをすれば本当にやりたいことにつながるんだ、と自分に言い聞かせ動いた結果、崩壊しました。;;;

おかげで切り替わった最初の1年が、その修正で終わり散々な結果に…。

こうなると立て直しに数年かかる場合もあって宜しくない状態が続きます。

「やるべきこと=やりたいこと」を「≠」でも「≒」でもなく「=」にするまで「頭で考え更に府に落とす」ことが重要なんです。

それには年運=月運が重なった月の翌月も大事です。

そこで会う人と「一緒に仕事をする」ように成ったり「末永く付き合う」ようになったりすることが多いからです。

これは14種ある相性にも寄るんですが「年運=月運が重なった月の翌月その人」が自分にとって「何を運んできてくれる人なのか?」「これから、どういう距離感で付き合うことに成るのか?」で1年~10年の自分の流れがアル意味決まるし「やるべきこと=やりたいこと」に繋がっていくのです。

前回の記事にも書いたように一人よりチームで達成する方が大きく成果も出るし幸福度も上がります。

ぜひ3月4月は「人」を気にして動いてください。

ただ、そうなると、きっと「この人は、どうか?」「自分に必要なのは、この人かもしれない…」と些細なことが気になって肝心な「やるべきこと=やりたいこと」を「=」にすることが疎かになってしまうかもしれないので優先順位は忘れずに居てくださいね。(笑;;;


処で話は変わりますが最近LINE公式アカウントに登録してくださる方が増えてきました。

こちらご存じのように「お友達紹介キャンペーン」をしています。

お友達が登録後セッションを申し込まれますと①キャッシュバックが有る!得点は2月も継続していきます。

今回それにプラス②年運=月運が重なった月に何に注意したらいいのか?を特別に、お伝えする特典を追加します。

引き続き協力よろしく、お願いします♪

直ぐに年運=月運が重なった月に何に注意したらいいのか?を知りたい方は30分特別診断タイムも設けていますのでご連絡くださいね。

では今日は、この辺で…。