ステージを上げる行動④:モチベーションは上げなくていい!それよりも大事な○○は…

こんにちは「人生を最適化するライフコーチ」神(じん)です。

前回の記事「ステージを上げる行動③:朝、起きたらする○○が1日を変える」おかげさまで好評でした!

「成程ねー」「言われてみれば、そうだよね」「理にかなってるし気持ちいい」など感想も続々と頂いてます。

https://toastgoodtime.com/?p=3483

さて今日は「モチベーションを上げるよりも、すると好い事」について話ます。

よくモチベーションを維持し続けるためには…という記事を目にしますが私たちにはバイオリズムが有るので、どうしても体調の好い日や宜しくない日が出てきます。

女性などは月経で分かり易いですね? でも男性も最近では更年期障害の症状が出ることが解ってきたり、とリズムは、やはり有ることが証明されているのです。
バイオリズムとは、心身の状態を表す3種類の波のことをいう by ウィキぺディア

バイオリズムは身体(Physical)、感情(EmotionalまたはSensitivity)、知性(Intellectual)の3種類の波があり誕生日を基準とする同じ振幅の正弦波として表されていて身体リズムは23日、感情リズムは28日、知性リズムは33日の周期をもつとのこと。

これを知っておくと未来の自分の身体や精神の状態を前もって知ることができますね。

つまりモチベーション「やる気」「意欲」「動機」も感情のリズムと同調し大きくなったり小さくなったりと変化するのが当たり前!なんです。

もちろん比較的、高い水準で維持は出来ます。

それには前回も言ったように「呼吸」や「毎日行うルーティーン」が助けてくれます。

別に思いダンベルを持ってきついトレーニングをする必要はありません。

上手くいっている人や成功者は必ずと言っていいほど悩み事が有るときは散歩する、とか言います…つまり今の思考レベル(ステージ)から切り替えるための行動が重要なのです。

と言っても毎日、仕事で動いてるし!と言う方も居らっしゃる、と思います。(実は私も、そうでした。フィットネスで1日10時間も動いているのに未だ散歩とかで動けというの?と思いました。)

座って書き物をするとか研究をするとか一定の姿勢で何時間も居る人は散歩のような動く有酸素運動が有効です。

逆に普段から動くのが仕事の方は一旦、動きと思考を止める瞑想などが向いています。

または仕事上の動きとは違うリズムの運動で水泳とか一定のリズムのあるモノが好いでしょう。

自然に呼吸が整い思考が整い感情が整います。

また外回りが多い方は自宅で(室内で)するYOGAなどが向いています。

要するに普段囲まれている空間とは違う形の場所に移動することで脳のスイッチが切り替わり(思考や感情の)周波数が変化するという訳です。

また常に色々と違うことをした方が好い人や同じ種類のものを追求する方が好い人など「動きの質」にも向き不向きが有ります。

ただ「これが好きだから」「今日は、こういう気分だから」で決めない方が好い方も居らっしゃるので注意が必要です。

実際に何が向いているのか?はタイプ別診断や姿勢✔チェックで知ることが出来ますので好かったら下記アンケートを試してみて下さい。

では今日は、この辺で…♪